若手選手の壁となる国内ベテラン選手!!

近年の日本の卓球界は、張本選手筆頭に若手選手が豊富にいますが、逆にベテラン選手も多数います、この20代後半のベテラン選手が毎年全日本をすごく面白くさせてくれるんですね!(^_^)/

では、今年の全日本で若い選手の壁となるベテラン選手を紹介させていただきます!!

吉田海偉(東京アート)

この、選手こそ、まさにベテラン選手代表と言ってもいいでしょう全日本での安定した圧倒的な成績、昨年も若手選手の龍崎(明治大学)選手を一蹴した試合は、圧巻でした!また今年もあの爆声とパフォーマンスで全日本を盛り上げてほしいですね!

張一博(東京アート)

この選手も、若手選手の壁と言えるでしょう!昨年は、若手選手に敗れましたが、一昨年の様に丹羽選手、吉村選手のリオ五輪代表選手の2人を倒し決勝まで上がるなど影の実力者、30歳越えてもこの爆発力がある選手なので、注目です!

松平健太(木下グループ)

若手と言われた、松平健太選手も26歳でベテラン選手の域に入りましたね、中学生の段階から全日本を出てますので10年以上あの舞台で戦ってることになるので経験値はバッグン、ここ2年間はランク入りが無しと全日本では苦しい結果ですが、技のスキルとポテンシャルは、世界トップクラス、なんでもノーマークの時の松平健太選手の爆発力はすごいので、今年ぐらいに再び世界選手権の様な爆発が見れるかもしれませんね!

高木和卓(東京アート)

昨年の全日本社会人で3位日本リーグでもファイナル4での1敗だけなど再び昨年は強い高木和選手がみれた年でした!!前評判などで、上位候補と名を上げた選手を倒して上位に上がることが多くインターハイなど名門青森山田高校が全盛時に活躍していた選手なので、緊張感のある試合に強い選手です!!

平野 友樹(協和発酵キリン)

次は、平野 友樹選手、松平選手同様この選手もすでに26歳です!協和発酵キリンに進んでから、また一段と力を付け昨年の全日本では、上位進出にもっとも上げられた、張本選手を初戦で倒しこのまま一気にベスト4まで勝ち上がりました、この選手の良さは、いい意味で空気を読まずに有力選手を持ち前のガッツで相手を自分のペースに飲み込んで倒すところです!技術、動きのキレも学生に負けず、試合の組み立ても上手な選手なので、今年も若い選手の壁として襲い掛かるでしょう!!

上田仁(協和発酵キリン)

最後は、上田仁選手です、見事昨年全日本社会人で丹羽選手を下し見事全日本社会人3連覇を達成、日本リーグでもほぼ負けなし、などかなりの実力者です!丹羽選手に勝てる選手なので、どの選手と戦っても勝負ができトーナメントなどの戦い方、向かってくる相手のかわし方など、非常にミスが少なく戦術の幅も広いので、若手選手の勢いだけでは、最も勝つのが難しい選手です、昨年の成績を見ても上位に食い込んでくると思います!

以上、今大会、若手選手の壁となる国内ベテラン選手の紹介でした!このベテラン選手が若手選手らと全力で勝負し毎年、全日本に波乱と面白さをみせてくれますのでぜひ注目してみてください!!!