ついに実現!!日本卓球界の歴史が変わる瞬間!!

Tリーグ開幕の予定が2018年10月頃についに決まりました!!

Tリーグとは、企業、クラブ、学生などプロ、アマが併存するT2、T1、その最上位が「Tプレミアリーグ」という3部構成のリーグ戦の試合になります。限りなくプロリーグに近くなるこのTリーグで日本の卓球界は大きく変わると思います(^_^)v

Tリーグに参戦する条件

  1. 世界ランク10位以内の実績がある選手を加入させること
  2. チームの入会金が2000万円、年会費は1500万円
  3. 2000人程度のホームアリーナの確保
  4. 選手育成のために6歳以下の選手対象の育成組織を持つ

などが条件になります。

試合形式もホーム&アウェイ方式の団体戦、ホームアリーナの確保や育成組織を持つ事などの条件は、かなりサッカーの「Jリーグ」に近い様なイメージになりそうですね(^_^)

将来的には2、3部に相当するT1、T2の設置(いわゆる地方リーグ)も20年以降で開幕を目指している様です。

気になる参加チームは?

すでに木下グループがリオ五輪男子シングルス銅メダルの水谷隼選手や世界選手権ベスト8の張本智和選手と契約し、練習場も整備しています。ほかに、参加の意向を表明しているのが、IT大手のDeNA、GMOインターネットなども参戦の意思を示しています。世界のトップレベルの選手による男女各4~6チームの参加を想定し、各チームの登録人数は6~8人ぐらいになるようです。どんなチームが参加し、どんな世界の選手が来るのかすごく楽しみですね☆

その一方で、現存の日本リーグに参加している実業団などにも条件を緩和して、男子17チーム、女子15チームが所属するにも参戦を促しているようですが、日本リーグ実業団連盟の佐藤専務理事は、来年以降の日本リーグの日程が決まっていることなどを理由に挙げ「物理的には18、19年は無理だと思う」と話しています。現在日本リーグに参加されているチームの参加は難しそうですね。そこは少し残念ですが・・・(T_T)

まとめ

Tリーグが出来ることによって世界のトップ選手が観れる機会がかなり増えます。今までだと日本で世界のトップ選手が観れる機会なんか年に一回ジャパンオープンで見れるぐらいだったと思います。卓球をやっている子供たちや学生、そして、社会人の方にはかなりいい刺激になると思います。また、これをきっかけに今まで卓球に興味がなかった人も卓球に興味を持ってもらえると嬉しいですね☆

間違いなく盛り上がるTリーグ!!今後の日本卓球界に期待ですね(^_^)