卓球で調子を悪くさせる意外な落とし穴☆ラバーの重量も計ってますか?

試合で調子が悪い時が誰にでもあると思います。単純に練習不足や体調などもありますが、用具に左右されている場合があります。

皆さんがラケットを購入する時に見るところはどこでしょうか? ラケットの性能や値段、ある程度の経験者ならば重さは必ず見ると思います。ラケットには個体差があり、同じラケット・同じグリップでも差が出ます。5グラム違うだけで相当変わると思います。ラケットの重さは皆さんがすごく気にするところだと思います。

しかし、ラバーの重さを計って買っていく方はほとんどいないです。実は言うと、ラバーにも個体差がかなりある場合があります。同じラバー、同じ厚さでも差が出てきます。

同じラバーでも重さが違う

例えば、自分が使っているヤサカさんの翔龍で同じ特厚でも比べてみると、

1枚目は89gで・・・

2枚目は97gで、同じラバーでも8gもの差が出ています。バックのラバーも合わせた場合10g以上の差が出てしまうかもしれませんよね。ラケットが気付かないうちに【重くなる⇒振れない=試合で調子が悪い】と気づかないうちに調子を崩してしまいます。逆に軽いと、いつも決まっている強打が決まらない、打っても打っても相手に楽に返されてしまうなど悪循環にハマることになってしまいます。

自分のラケットは和の極-蒼-78g+翔龍(特厚/50g/パッケージ込95g)+ラクザXソフト(厚/46g/パッケージ込92g)+グリップテープ(2g)=176gになり、今の自分のベストがこの重さになります。

ただ、店に行って必ずいい重さのラバーが見つかるわけではないので、サイドバランサーという商品があるのでそちらで調節することもあります。

自分のラケットとラバーのベストの重さを知っていれば、試合でも安定した調子を継続させる事が可能になります。安定した調子を保てれば、レベルアップもしやすいと思います。ラバーを購入する際は、重さも気にして見てみてください。