バックで何が何でもコートに入れたい人にオススメのラバー

セルロイド球の時は、XIONさんのヴェガエリートを使っていました。軟らかいのでスピードが簡単に出せてかなり扱いやすいラバーです。いい音がなるラバーで、バック面で打球した時の金属音は打っていてかなり気持ちのいい音が鳴っていました。フォアで打球してもバックのラバーが響くので打球感がすごく良くなります。回転の影響も受けにくいのでブロックもしやすく、回転もそこそこ掛かります。

しかし、プラスチックボールになって回転量の減少とボール自体の重さが出てしまうので、もう少し回転が掛かり飛距離の出るラバーを探していました。

そこで見つけたのが今使っているラクザXソフトです!!

でも、実は言うとラクザXソフトはセルロイド球の時にも試していたのですが、弧線が出過ぎてオーバーミス連発で全然使えませんでした。

使えなかったラバーをもう一度試したきっかけが当時明治大学の神卓也選手が準優勝した初めてプラスチックボールで行われた全日本選手権を観てから試したくなりました。めちゃめちゃキレキレの動きで何が何でも入れにいく姿勢とフルスイングで打ってもしっかり弧線が出て安定して入るプレースタイルに度肝を抜かされました。

そこで、ラクザXソフトを試してみました・・・神選手はラクザXを使用していますが、自分はバックのインパクトにあまり自信が無いのでソフトを選んでいます。

プラスチックボールの回転量の減少とボールの重さにマッチしていて変えた瞬間にこれだ!!と思えました。グリップがしっかりしているので重たくて上げづらかった球がしっかり上げれるようになり、飛距離も飛び過ぎないのでしっかりと相手コートに収まってくれます。弧線が出て安定するので、繋いだ球はミスする気がしないぐらい入ります。ブロックの時も球の重たさに負けることなくコントロールできます。

プラスチックボールになってから他に良いラバーがないか試しているのですが、結局安定するラクザXソフトに戻ってしまいます。

ただし、マイナス面もあり,飛距離はあまり出るタイプのラバーではないので一発で抜きたい方はあまり向かないかもしれないです。

バックドライブで連打もしくは、繋いでフォアで攻撃したい方には超オススメのラバーです。バックの精度を上げたい方、バックに自信のない方はぜひ試してみてください。