名作ラケットの仲間入り☆インナーフォースレイヤーZLC

今や、卓球界でトップ選手から、アマチュアの選手まで多くの人が使用している、インナーフォースZLC(インナーフォースレイヤーZLC)。

自分も、一時期使用してました。販売されたのが、スピードグルーが禁止になった2008年頃、価格は、当時ではなかなか高額の18,000円\(◎o◎)/!こんな高いの誰が買うの?と思うぐらいビックリ!!!でも、今では学生さんでも当たり前に購入するぐらい人気のラケットです。

スピードグルーが使用できたときは、ラケットは打球感思考で、弾みの調節は、スピードグルーで何とか出来ましたが、禁止になってからは、弾みの調整を最初のラケット、ラバーそのものの性能でおぎなって行かないといけなくなりました、だからと言って特殊素材のラケットだと打球感が違い過ぎて、なかなか用具選びが難しくなりましたが、、、ここで発売されたのが、この(インナーフォースシリーズ)インナーフォースZLCだったんですね。名前の通り、インナーフォースシリーズ、特殊素材を通常より内側(中芯寄り)に配置して球持ちを向上させる合板構成、いわゆる「インナー系」の流行を作った最初のラケット!!

ラケットの感想は、打球時に玉を持つ感覚があり全てのプレーが安定し、玉を持つ感覚故に回転をかける技術全般やりやすいので、安定感のある攻めをしたい方にオススメです。

このインナー系の登場により使いやすさが向上し、特殊素材ラケットがそこまで手の届かない存在ではなくなりました。

木材ラケットの安定性や打球感をそのままにプレー全体的の威力をアップしたい方、中には、アウター系特殊素材ラケットの威力をそのままにプレー全体に安定感をプラスしたいと考えていた方が凄く多かったので、そのニーズを叶えたことが、男子、女子、大人、子供、年配、中級者からトップ選手までと、こんなに幅広く使用出来た理由だと思います。だからこの高価格でもベストセラー商品になった要因だと思います!!

販売されて約9年たった今でも、インナーフォースは、バタフライのラケットの主役。いや卓球ラケットの主役ですね!